2010年08月29日

長崎の皿うどん・太平燕他

長崎では、全国的にちゃんぽんが有名ですが、ちゃんぽんから派生した皿うどんも、実は長崎の名物なのです

長崎市でちゃんぽんを考案したと言われる「四海楼」の創業者陳平順氏が、これまた考え付いたのが皿うどんとされています。

もともとは、ちゃんぽんを出前していた時に、こぼれないように汁を少なめにしたものが皿うどんです。

そのため、当初の皿うどんの麺や具材は、ちゃんぽんと同一であったものです。こんなことから、「ちゃんぽん・皿うどん」といったように同時に紹介されるようになりました。

ちゃんぽんは、汁が多いので丼に、皿うどんは、皿に盛られるようになり、見た目が「焼きうどん」に似ていたことから、皿うどんと名づけられと言われています。

発生は全く異なるのですが、ややこしいことにパリパリに細麺を揚げて、あんかけ汁をのせた堅い焼きそばが、長崎に伝わって発展し、こちらも時には皿うどんと呼ばれています。

従って、単に皿うどんと注文した時に、柔らかい麺とパリパリ麺のどちらが出てくるか分からない時があるので、柔らかいのかパリパリなのかを店の人に確認した方が良い場合が往々にしてあります。


皿うどん 江山楼   長崎市新地町12-2  095-821-3735

昭和21年(1946年)に中国福建省の出身者の夫婦が、中華街・新地の片隅に、鍋一つとテーブル一つで始めたのが江山楼。
中華街の中國菜館「江山楼」の皿うどん太麺。長崎では細麺が有名ですが、江山楼の通は、もちもちの太麺派が多いとか。例えば、元チェッカーズの藤井フミヤ氏が太麺派です。
皿うどんの太麺は、具やスープの旨味をタップリと吸った麺自体を楽しむ料理です。
一度油で揚げた麺を鶏ガラ100%スープで炊き込むことで独特のモチモチ感が出るそうです。
イシバシレシピでも絶賛されたオリジナルソース「ソー酢」も試してかけてみてください。

王さんの皿うどん太麺 江山楼



焼きそば 江山楼   長崎市新地町12-2  095-821-3735

「江山楼」のパリパリの焼きそばです。
長崎では、「皿うどん」として注文すれば、長崎市周辺地域では、細いパリパリ麺のものが出てきますが、佐世保周辺地域では、太いちゃんぽん麺を使ったものになります。
長崎県民でも、皿うどんの細いパリパリ麺と太い麺は、混乱していますので、注文する際には、パリパリかそうでないのか確認した方が無難です。
とんねるずの石橋貴明の料理番組で、唯一番組に2回出演したのは、江山楼の王さんだけです。

王さんの皿うどん細麺 江山楼



麺料理詰合せ 江山楼   長崎市新地町12-2  095-821-3735
180年前に、中国福建省から長崎に渡来した初代の桃華園の先祖は、最初中華街で貿易商を営みました。
中華料理を始めたのは、終戦後になって、3代目がはじめたものです。歴史は、そう古くはないのですが、今では中華街では人気店となっています。


中華グルメ詰合せセット 桃華園



皿うどん リンガーハット  チェーン店  電話省略

saraudon-sm.jpg
長崎発祥のチャンポンチェーン店の「リンガーハット」です。
最近、リンガーハットは、ヘルシー志向になってきまして、使用する野菜を国産品にこだわりはじめています。
パリパリ皿うどんには、野菜は入っていませんが、お好みの野菜や魚介類を入れてお楽しみください。

皿うどん リンガーハット

 

長崎皿うどん各店比較表

saraudon.jpg
長崎の皿うどんには、太麺を炒めたものと細麺をパリパリに揚げたものと2種類あるようです。さらには、皿うどんと焼きそばの違いもあいまいです。どちらにしても美味しいので、間違えて注文した時には、諦めて美味しく食べましょう。

長崎皿うどん各店比較表





太平燕(タイピンエン)とは、元来、中国福建省福州の郷土料理です。日本でアレンジされた中華料理で、春雨スープに、イカ、豚肉、白菜、タケノコなどの五目炒めを入れて、揚げ卵を添えたものです。

熊本県の郷土料理とも知られていますが、ここ長崎でも新地中華街の中華料理店に行けば食べることができます。

熊本県中部をのぞけば、最近まで熊本県内でもマイナーな料理でしたが、2008年に日高屋が、メニューに採用したことで、関東圏でも一部食べられるようになったことは、「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されました。


太平燕を含む詰合せ 桃華園  長崎市新地町9-9 095-824-2531

80年前に長崎で貿易を基盤として活躍してきた華僑の三代目が、終戦後中華街に桃華園を開業しました。元来、太平燕は、熊本を主とする郷土料理なのですが、お隣の長崎県もよく食べられているようです。
同じく隣県である福岡県では、ほとんど知られていませんし、食べられてもいません。やはり、長崎市の中華街が果たした役割は大きいものと思います。
その中華街の雄、桃華園の太平燕をふくむ長崎中華料理の詰合せです。お楽しみくださいね。

太平燕を含む中華麺料理セット 桃華園


太平燕 会楽園(熊本)  熊本市熊本市新町2-7-11 096-352-2844

太平燕は、中華料理を起源として、明治時代に華僑を通じて日本に伝わったものとされています。
しかし、不思議なことに長崎、神戸そして横浜ではなくて、熊本県中部地方に定着して郷土料理として食べられてきました。ま、それでも熊本県内でもマイナーな料理です。
太平燕の元祖は、熊本市の中華縁と言われていますが、会楽園や紅蘭亭(共に熊本市)を発祥とする説もあります。これらの店は、1933年から1934年に創業したのは共通しています。

太平燕 会楽園(熊本)



スポンサードリンク





posted by Jun | 皿うどん・太平燕他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。