2010年06月06日

長崎のカステラ

長崎でお菓子といえば、やはりカステラでしょう。一般的には、16世紀の室町時代にポルトガルの宣教師によって伝えられたとされています。

しかし、ポルトガルには「カステラ」と言うお菓子はありません。原型とされるお菓子も、実は、カステラとは製法が異なるものです。

長崎カステラと呼ばれるお菓子は、「福砂屋」を元祖として、同じ製法のもの総称しているものです。

長崎カステラの特徴である水飴の使用は、明治以降に始められました。これによりしっとりとした食感がもたらされました。

お土産の店としては、「福砂屋」(創業寛永元年 1624年)、「松翁軒」(創業天和元年 1681年)そして「文明堂総本店」が御三家でしょう。残念ながら、文明堂総本店は、ご紹介できませんが、他の二店は購入できます。



カステラ 福砂屋   長崎市舟大工町3-1  095-821-2938


福砂屋。寛永元年(1624年)三代将軍家光の時代に創業しており、長崎カステラの元祖と言われております。よくあるなんちゃって元祖ではなく、正真正銘の元祖のようです。もちろん、長崎カステラの大定番です。
商標に使われている変なマークは、蝙蝠(コウモリ)で、中国ではめでたい動物と言われています。
熟練の職人よって作られているカステラは、保存料を一切使わず、厳選された素材の味を生かしたものです。
カステラの底には、角の取れた粗目等があって、独特の食感があります。

カステラ 福砂屋


カステラ 松翁軒   長崎市魚の町3-19  0120-150-750


カステラの大定番が「福砂屋」ならそれに対抗できるのが「松翁軒」。これも福砂屋とほぼ同時期の創業で、天和元年 1681年です。
元祖とはいえないまでも、「カステラ元祖」と名乗る老舗です。
スペインのカスティラ王国のパンが日本に伝わったものとされていますが、松翁軒では、それに水飴を使用する独特の製法を導入し、カステラを独自の和菓子とし、長崎カステラの普及に尽力したと言われています。
今でも、熟練の職人が一人一つの釜を受け持ち、一枚づつ丁寧に焼き上げています。

カステラ 松翁軒



五三焼きカステラ 松翁軒   長崎市魚の町3-19  0120-150-750


五三焼きという名称の由来は、卵黄と卵白の配合の割合が、卵黄:五 卵白:三であったという説のほか、桐箱に収めるところから霧の家紋(五三の霧)にちなんだものとの諸説があります。
いずれにしても最上級のカステラのことで成分や焼き方が特別仕様です。
そのため、通常は店頭販売されません。例えば福砂屋の五三焼きは、予約しないと店頭では買えません。
しかし、松翁軒は販売しています。絶対のおすすめと言えるでしょう。

五三焼カステラ 桐箱1本入り



カステラ比較一覧表  福砂屋と松翁軒    



長崎カステラ界の二大巨頭、福砂屋と松翁軒の主要カステラを比較一覧表にしてみました。
きっと、外れがないお好みのカステラがあると思います。

福砂屋と松翁軒のカステラ比較一覧表





カステラ 心泉堂   長崎市南山手町2-33  095-822-9991


楽天市場でランキングの上位を占めているのが長崎心泉堂のカステラです。それも「幸せの黄色いカステラ」と言う名のカステラは、楽天でも人気商品で、6秒に1個売れたとのことです。
だから、何だと言う声もありましょうが、長崎カステラ御三家の地位を脅かすダークホース的な存在かもしれません。

幸せの黄色いカステラ 心泉堂



プレミアムチョコカステラ 心泉堂   長崎市南山手町2-33  095-822-9991


楽天のカステラの週間ランキングで1位を撮ったことがあるのが、このプレミアムチョコカステラです。
モンドセレクションを受賞した幸せの黄色いカステラをベースに開発したのがこれ。
通常のチョコカステラに比べチョコの濃度を上げ、、味、香り、コクを追及しています。

プレミアムチョコカステラ 心泉堂



スポンサードリンク




長崎のお土産 Homeに戻る



posted by Jun | カステラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。